命を守るお風呂のリフォーム

お風呂をリフォームすることは、生命を守ることに繋がります。

とくに、お年寄りにおいては交通事故よりも、入浴時のアクシンデントで命を落とす確立のほうが高いのです。

平均寿命が向上したこともあり、こうした事故は大幅な増加傾向にあり、消費者庁なども注意を呼びかけています。

では、なぜ入浴時の事故が多発しているのでしょうか。
その原因の1つが、気温差による心臓への負担です。

T-SITEに関してわかりやすく説明しております。

温かいお湯を湛えた浴槽と、入浴前の浴室や脱衣所は、気温の隔たりが大きいものです。

中でも冬においては、20度以上も差が出ることがありますから、それだけ負担も強くなります。


これが心臓麻痺などを引き起こし、転倒や、浴槽内での溺死などを招いてしまうことがあるのです。


こうした事故を防ぐために有効なのが、お風呂のリフォームです。



浴室や脱衣所に暖房を設置することにより、気温差を軽減することができますから、心臓にも優しい入浴を楽しめます。

また、床を滑りにくい素材にしたり、水はけをよくすることによって、転倒を予防することもできますから、安心です。



それ以外にも、浴槽にマッサージ機能をつけたり、浴室をミストサウナにできる施工もあります。

このような方法をとれば、毎日のバスタイムも、よりリラックスできる時間へと変えることができるのです。

家族全員が健康で長生きするためには、こうした気配りが欠かせません。お風呂をリフォームすることは、まず第一に考えるべき事柄なのです。